合宿免許の注意点

合宿免許は教習生のニーズに応じた多種多様なプランやサービスがあり、費用も安いことから最近人気が上昇していますが、単にそれだけの理由で飛びつくとトラブルの元になることもありますので注意が必要です。

多くの合宿免許では友人同士の申し込みも可能としていて、友人割引をしているところもありますが、仲のいい友人と一緒だと油断して怠けたり、他人の教習の妨げになる行動をとるケースもあります。合宿免許は免許を取りに来ているのであって、旅行に来ているのではないのですから、公私の区別はしっかりとつけましょう。夏休みや春先などの一般の免許シーズンが終わると外国人が多く参加することがあります。言葉が通じないのでこちらもトラブルが発生することがあります。お互いに思いやりを持つことが大事です。

また、料金も確認する必要があります。追加料金があるのかどうか、クレジットカードが使えるかどうかなど、教習終了後に「話が違う」ということがないように申し込む際に納得するまでWEBサイトやパンフレットを調べておきましょう。

そのような点に留意すれば、短期間で運転免許をとれる合宿免許は時間を有意義に使うことができるとても便利なシステムです。今年こそ免許を、と考えている方はぜひご検討されてはいかがでしょうか。