合宿免許の注意点

合宿免許は教習生のニーズに応じた多種多様なプランやサービスがあり、費用も安いことから最近人気が上昇していますが、単にそれだけの理由で飛びつくとトラブルの元になることもありますので注意が必要です。

多くの合宿免許では友人同士の申し込みも可能としていて、友人割引をしているところもありますが、仲のいい友人と一緒だと油断して怠けたり、他人の教習の妨げになる行動をとるケースもあります。合宿免許は免許を取りに来ているのであって、旅行に来ているのではないのですから、公私の区別はしっかりとつけましょう。夏休みや春先などの一般の免許シーズンが終わると外国人が多く参加することがあります。言葉が通じないのでこちらもトラブルが発生することがあります。お互いに思いやりを持つことが大事です。

また、料金も確認する必要があります。追加料金があるのかどうか、クレジットカードが使えるかどうかなど、教習終了後に「話が違う」ということがないように申し込む際に納得するまでWEBサイトやパンフレットを調べておきましょう。

そのような点に留意すれば、短期間で運転免許をとれる合宿免許は時間を有意義に使うことができるとても便利なシステムです。今年こそ免許を、と考えている方はぜひご検討されてはいかがでしょうか。

タイプ別合宿免許

合宿免許が人気がある理由は、何と言っても費用の安さです。ドライビングスクールに通うと入学金(申し込み金)と教習料金だけで25~35万円かかってしまうのが相場です。ただし、これは追試や補講などを受けずに仮免も本免も一回でクリアしてストレートで卒業した人の場合です。通常は何度も追試をしたり、補講を受ける人が多く、実際に50万円くらい払った人も少なくありません。

それに対して合宿免許はおよそ20~25万円くらいで納まります。しかも宿泊施設までの交通費も全額負担してくれますから、極端に言えば手ぶらでも参加できるのです。この金額は宿泊施設のランクによっても異なりますから、ドライビングスクールによってはさらに安くすることも可能です。

シーズンによってはスキーやマリンスポーツなどのオプションをつけてくれるところもあります。合宿免許は昼間みっちり教習を受けますが休日もありますのでそんなときに遊ぶところも必要な教習生もいます。そんな人のためにレジャーまでパックになったプランもあります。また、女性専用プランもありますので、男性と一緒では抵抗を感じる女性も安心して教習を受けることができます。

このようにドライビングスクールによって趣向を凝らしたブランがありますから、ネットなどでよく調べておくといいでしょう。

ドライビングスクールで合宿免許を

現代社会は、自動車なくては生活していけないのが実情ですよね。都心部が生活圏で公共交通機関を移動手段にしている方でも、身分証明書としては顔写真付きの運転免許証を提示しなければならない場合がほとんどです。

今や運転免許は車を運転するしないにかかわらず私たちには必要なものであるといえるでしょう。しかし、運転免許と一口に言っても簡単に取得できるものではありません。費用はもちろんのこと、教習も長期にわたります。時間の余裕のある高校生や大学生でも夏休みや春休みなどまとまった休みの間しかドライビングスクールに通えません。ましてや社会人ともなれば免許取得に時間がかけられないというのが本音ではないでしょうか。

そこでお勧めしたいのが合宿免許という方法です。まさしく部活の合宿のように10~20人くらいがホテルや旅館などの宿泊施設で寝食を共にしながら二週間程度集中して教習を受けるのです。一般的なドライビングスクールに通うよりはるかに短期間で免許を取得することができますし、費用も通学するよりリーズナブルなところが多いようです。そんな合宿免許は最近口コミが伝わり、入稿希望者が増えています。ドライビングスクールでも一人でも多く生徒を確保するために授業内容や予算などのニーズに応じたサービスを展開しているところが増えています。

せっかく合宿免許に参加するなら自分で納得のいくものがいいですよね。この記事では自分に合った合宿免許プランを選ぶにはどうすればいいのか説明いたします。